読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちごいちえ

山のこと。思う。感じる。

トレラン装備

トレラン用にウェアとギアを一部新調。

 

登山よりも重さにシビアなのがトレラン。

まぁいっかで持って行った物のために体力を奪われる事も。

実際、8月に白山に登った際暑さと重さで体力を奪われ、全くペースが上がらず、メンバーに変わりに背負ってもらうという迷惑な出来事もありました^^;

 

そのため、走る時には必要なものを厳選し、持ち物はコンパクトで機能的な物をそろえる必要があります。

 

f:id:l-ichigo:20160930000310j:image

まずはこれがないと走れない。

シューズは『ALTRA』ローンピーク2.5
 足先が広くなっていて、下りや足場が悪い時に指先に力を入れやすく走りやすいです(^^)

 

ウインドブレーカーは『ノースフェイス』
フードに収納用の袋が付いていてくしゃくしゃっと詰め込んでコンパクトになります。
登山だけしてた時には気づかなかったけど、このウインドブレーカーが超便利!

そんなに寒くないけど風が強い時などに一枚羽織るだけで快適。ソフトシェルだと暑くて走れない、トレランを始めて価値がわかる絶妙なウェアです。

 

f:id:l-ichigo:20160930000517j:image

ザックは『ULTIMATEDIRECTION』Adventure Vesta

ベストのようにピタッと体にフィットするフォルムで走ってもずれません。
12Lで収納ポケットも沢山あって使いやすい。
メッシュが想像以上に伸びて収納量バツグン。夏なら軽装でお風呂セットも入っちゃいました。

ショルダーベルトのポケットに500mlのフラスコが付属。今は買ったままで使ってますが、ストローが長いものに変えれば、走りながら飲みやすそうです。

何よりデザインもかっこいい!(^^)

 

現状揃えたギアはこんなところ。

 

トレランは走ると言ってもやはり山。

低体温症にならないように、軽量のレインウェアや保温着も必要になります。

 

また先日、UTMBで女性8位、日本人女性で初めて表彰台に立たれた丹羽薫のUTMB報告会へ参加した時、心拍数は自分の走るペースを知るためにとても重要だと教えてもらいました。心拍によって自覚のない自分の体調もわかるんだそう。それを聞いて衝撃的でした。心拍計も早い段階で取り入れようと思います。

 

※感想はあくまで個人的なものです。